toggle
2019-10-12

いいおウチができたねって

おはようございます。Akkeysです。

台風近付く朝。長野は静かすぎて怖い・・・

大きな被害を出さずにそっと過ぎていってほしい。

 

先日、オーダーいただいたスマホケースを納品したのでご紹介します。

これいいんだな!

すごくいいんだな!

外側は上田紬。

先日上田紬の工房でとても気に入って買ってきたもの。

古布ではなく出来上がったばかりのピカピカの布。

趣のある古い機織り機でぱたぱた丁寧に織られた一枚。

ハサミを入れるのも、ボンドを付けるのも緊張しました。

絹の織物だから、ほつれやすい。作業はテキパキと。

ピンクのラインがアクセントです。

素敵な布にボンド染みがつかないように、丈夫になるように少々工夫。

 

ソウタシエの装飾は黒いスワロフスキーパールを包んでみました。

依頼者さんをイメージしてご提案した色です。

留め具もスワロフスキーパールの黒でね。

内側はリバティーの布で。

何枚かある手持ちの布から選んでいただきました。

ポケットは左側に2個。

良く見えませんが、斜めに作ってみました。

パープルブルーがとても上品。

お客様のスマホをセットして、ピッタリ!

お客様、スマホに向かって

「いいおウチができたね」って。

古いスマホケースには

「お疲れ様」って。

温かいね。嬉しいね。大事にしてもらえるね。

スマホケースも喜んでいるね。

嬉しくって、ワクワクするって!

そうそう、私がスマホケースや雑貨にソウタシエを合わせたかったのは、

その気持ちを味わってほしかったから。

一日に何度も触るスマホ。

持っているだけで、触るたびに気分が上がるアイテム。

「めっちゃお気に入り!」って言っていただきありがとうございました。

私も幸せいただきました。

私のソウタシエは独学なんです。

なので形にとらわれることなくどんどん進化しています。

私が作るものだから、自然と日本人らしさがプラスされる。

長野で作っているものだから、長野でできた素敵なものと合わせてみたいっということで、

今回、上田紬と合わせてみました。

やっぱり素敵だな。信州の織物。

 

 

Akkeys通信始めます
メルマガ登録
関連記事