3歳の作品、発掘されました

こんにちは。

ヨーロッパに伝わるソウタシエ、オリジナルデザインで制作しているAkkeysです。

 

昨日母から、「面白い物送られてきたよ」って。

話には聞いていました。

私が小さいとき、母のお友達に自分で作った小さな袋をプレゼントしたって。

その小さい袋が、大掃除ででてきたよって、送ってくれたのです。

4〇年の時を経て、

3歳の作品。

あはは。よく出来てる! 

もらったおばさまが感激してメモを残しておいてくれました
この布のシャツ?ワンピース?を着ていた母の記憶がうっすらあります
反対側はコーデュロイ

なみなみしたコードも、ちゃんと縫い留めてあります。

そして裏側にびっくり!

ちゃんと裏側で2枚の布を縫い合わせ、ひっくり返してあります。

そして、端をジグザクミシンもどきで手で縫ってあります。

しかも結構細かく・・・。

玉止めもしてあります。ないところもあります。

玉止めは母がしてくれたのかも?

でも縫ったのはたぶん私。

母が縫ったらもっと上手だし、3歳年上の姉は当時手芸に興味がなかった。

たぶん年少さんの年齢。2年保育だったから、年少さんの年はきっと毎日こんなことしていたんじゃないかな?

 

4〇年間保管してくれていたおばさまに感謝です。

そして、小さい子供にハサミや糸・針を与えて、使い方を教えてくれた母に感謝です。

きっと、見よう見まねで作っていたんじゃないかな?

危なっかしいのを見守ってくれてありがとう。

きっとすごい忍耐・・・

ついつい、難しいところはやるねって子供から取り上げてしまう・・・

ちょい反省。もっと自分の子供にもやらせてあげればよかったな。

 

いやぁ、3歳。

私の原点がありました。

いい物を残しておいてくれて本当にありがとうございます。

なんだか自信を持って進んでいけそう。私、本当に作るの好きだったんだな。

お問合せありがとうございます

数日以内にこちらからお返事します。
返信が届かない場合、申し訳ありませんがもう一度お問合せください。