toggle
2020-01-24

ソウタシエsoutache始めるには?

こんにちは。

ソウタシエ刺繍(soutache)をオリジナルで制作しているAkkeysです。

 

先日ソウタシエ教室で、

「なかなか基本が覚えられないのよねー」っていう生徒さんの声。

そうなんですよ。ソウタシエ、難しいんですよ。

でもね、できるようになると組み合わせは無限だし、

オリジナル作品が沢山作れるようになって楽しいっと思うのですよ。

っということで、パーツを作っている動画を撮って見ましたよ。

ソウタシエsoutacheの材料って何が必要?

まずはソウタシエコード/SOUTACHE

私はこのアメリカ製「Beadsmith」のコードを使っています。

このコード、レーヨン製とポリエステル製があります。

ポリエステル製の方が数倍作りやすいです。

でもレーヨンって艶っとしていて綺麗なんですよねー。

生徒さんは最初だいたいレーヨン製を選びます・・・

でもね、「こっちのが難しいですよ。慣れてからにしましょう」って諦めてもらいます(笑)

次は針

左・・・John James

ビーズステッチで使う針ですね。イギリス製。

写真は12号ですが、10号の方がいいです。

すぐ曲がりますが、細かいビーズを使う時には使いやすいです。

真ん中・・・クロバー「絆」

絹など薄い生地用。

ビーズが通って、しっかりした針なので安定します。若干コードが引っかかるような抵抗がある時があります。

右・・・私のおススメ、京都本みすや針(絹針)

もちろん日本製。

このパッケージがお気に入り。そして使い心地もお気に入り。

「四ノ四」「四ノ五」位の長さがおススメです。

 

そして糸

ナイロン製のビーズ用の糸を使っています。

MIYUKIやTOHOから出ています。

糸の色選びが結構重要です。

 

今後、ソウタシエの基本が学べる短期集中講座を開こうかなっと考え中です。

材料・道具も一緒に揃えられる内容にしようかなっと思っています。

春くらいかな?

ソウタシエ難しい→楽しいって思えるように、

ちゃんと出来上がるようにサポートしていきたいんですよね。

興味がある方いますか?

Akkeys通信始めます
メルマガ登録
関連記事